新年あいさつ

新年あけましておめでとうございます。 
 
 旧年中は、シルバージャパンの訪問介護サービスにご尽力いただき誠にありがとうございます。

12月1日より東灘区御影塚町2-20-20に「シルバージャパン神戸」を開設することができました。居宅介護支援事業・訪問介護サービスです。よろしくお願い申し上げます。
 さて、介護人材不足の現状や打開策について、労働力としての外国人の受け入れを拡大する改正入管法が成立し、19年4月から新制度が始まります。
要因として、介護保険制度がスタートした2000年には介護が必要な高齢者は約218万人でした。これが2016年度には622万人に増えています。介護職員数もこの16年間で約55万人から183万人と増えていますが、まだまだ足りないのが実情です。
国は、25年度には全国で今よりも約55万人多い介護人材が必要になると推計しています。今後必要とされる人材の確保について深刻な問題となっていますので、外国人の人材の確保が進められています。
その他には、介護現場の負担を減らすために介護ロボットの活用やICT(情報通信技術)やAI(人間が持っている、認識や推論などの能力をコンピューターも可能にするための技術のこと。人工知能とも呼びます。)よる作業の効率化、簡素化なども進めています。ますます、少子高齢社会に向けて、技術革新が進みます。
 しかしながら、いくら技術革新や外国人の人材確保が進められていことも、これまで介護保険制度から利用者とともに歩んできたホームヘルパー無しでは、この介護保険制度を安心できる制度にすることは難しいと感じています。

 弊社は、介護保険制度が持続可能な制度としての介護保険改正に対して、できる限り安心してサービスが提供できるようにしっかりと経営に取り組む所存です。
本年も、スタッフ一同よろしくお願い申し上げます。
                                            
平成31年 1月                              株式会社シルバージャパン
                                         代表取締役 中林 弘明